大腸カメラ

下部内視鏡検査(大腸カメラ)を受けられる方へ

肛門から内視鏡のやわらかい管を挿入して、大腸を観察します。病変があれば一部をとって顕微鏡で調べます(生検)。

切除が必要のあるポリープは、検査時に切除する場合もありますが(内視鏡的大腸ポリープ切除術)、部位や大きさ、形等により当院では切除せず、連携病院へ紹介する場合もありますのでご了承ください。

大腸内視鏡検査は熟練した医師が行えば安全で、苦痛の少ない検査です。

 下部内視鏡検査(大腸カメラ)を受けられる方へ次のような方は事前にお申し出ください

・内服薬の種類によって検査日より前からの中止期間が必要となります。中止指示についてはスタッフからお伝えします。(エパデール・ワーファリン・パナルジン・バイアスピリン・バファリン・ペルサンチン・オパルモン・アンプラーグ・ドルナーなど)。なお、抗凝固治療中の方のポリープ切除は行えない場合があります。

・以前検査、検査時に腹痛の強かった方、気分がくなった方

・検査を中断したことがある方

 予約を取るには

診察の予約を取り、医師との問診の上での予約になります。

その際に他院からの処方薬がある方はお薬手帳や、処方薬の名前がわかるものを持参ください。

 検査の流れ

1.検査前日

大腸に食べカスや便が残ると、粘膜をしっかり観察できません。前日のお食事には十分注意して下さい。当院は検査食にて対応しております。

・午後9時以降は禁食です。水分は、水かお茶のみにして十分にとって下さい。
・就寝時に下剤を飲んでください。就寝時の薬がある方は、いつも通り服用してください。

2.検査当日

検査当日の食事や、定期薬の服用については、予約時にご説明します。

自宅(院内の場合もあり)で約2リットルの腸洗浄剤を飲んでいただきます。歩いたり体を動かして排便を促しながら飲んでください。その後、何度もトイレに通い、黄色透明な水の状態になりましたら検査することができます。腸洗浄剤を飲み始めて、腹痛、嘔吐、その他体調不良を認めた場合は、すぐに飲むのをやめて当院にご連絡ください。腸洗浄剤を2/3以上飲んでも排便がない場合や、全部飲みきれないような場合にも必ず連絡してください。来院してから飲んでいただく場合もあります。

来院後、検査着へ着替えていただきます。着脱のしやすい服装で来院ください。また、検査後にお腹が張ったりすることもありますので、お腹を締め付けるような服装(腹巻き、ボディースーツなど)は避けて下さい。

3.検査後
検査の際には大腸の中に空気を入れて観察する為、終了後しばらくおなかが張る場合がありますが、徐々にガスが出て楽になります。20~30分程ベッドで休んでお帰り頂きます。