胃カメラ

 上部内視鏡検査(胃カメラ)を受けられる方へ

上部内視鏡検査は口もしくは鼻から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸を観察する、上部消化管の診断と治療に必要な検査です。

胃の透視検査(バリウム検査)に比べ、早期胃がんの診断にも優れています。
最新の経鼻内視鏡(鼻から入れる内視鏡)を使用しておりますので、従来の口から入れる胃カメラと比べて格段に苦痛が軽減されています。安心して検査をお受けください。

 予約を取るには

検査は予約制です。胃カメラをお電話でご予約の際は代表電話におかけください。 午前午後ともに検査可能です。

当院の診察券や、他院からの処方薬がある方はお薬手帳など準備の上ご連絡ください。

お電話でご予約の方は事前に承諾書をご記入いただくと検査に来られた際の準備にスムーズに入ることが出来ます。
下のボタンをクリックして、承諾書を印刷してお使いください。



 検査の流れ

午前中の場合

1. 検査前日

前日の夕食は午後9時までに消化の良い物を食べ、以後固形物は食べないでください。
水分(水・お茶)はお摂りいただいて構いません。

2.検査当日

• 朝食は食べずに来院してください。食べてしまうと検査ができなくなります。水・お湯などはお摂りくださって構いません。

• 血液をサラサラにするお薬は、あらかじめ内服を中止していただきます。

(中止期間は外来受診時か電話予約時に確認致します。)

3. 検査の前に

• お手洗いを済ませておいてください

• 入れ歯はあらかじめ外しておいてください。口紅も落としていただきます。

ベルトをゆるめ、腹まきやコルセットなどお腹を締めつけるものははずしていただきます。

4. 検査が終わったら

• 検査のときに空気を入れて胃をふくらませるので、お腹が張った感じがあるかもしれません。検査終了後、ガスが出て自然に治りますのでご安心ください。

• 経鼻からの検査後、まれに鼻出血することがありますが、その際は止血するまで休んでからお帰りいただきます。

• 検査時に細胞を取た場合、検査結果がでるまで10日ほどかかります。後日改めて検査結果の説明となります。

• 麻酔、注射の影響がとれるまでの間、しばらくベッドでお休みいただけます。

 

午後の場合

1.検査当日

・朝食は午前9時までに軽めに済ませ、それ以降は禁食となります。

・水分(水・お湯)は検査の2時間前から控えてください。

・昼食は食べずに来院しての検査になります。

・それ以降は午前の検査の流れと同じです。